ディーラーローンとマイカーローン

車を購入する際の選択肢としてディーラーローンは不正解なのか

ディーラーローンは嫌われる

車を購入する時にマイカーローンを利用する人は多いです。現金一括の方がメリットもあるのはわかっていても、金額が大きいので手軽に買うというわけにもいきません。少しでも金利を低く借りようという人にとって、ディーラーローンは避けられる傾向にあります。

 

しかし、ディーラーローンだから金利が低いとは限らず、金利以外の面ではメリットもあります。低金利と言われている銀行のマイカーローンが唯一の正解とはいえず、条件によってはディーラーローンが正解というケースもあります。

 

車を賢く購入する

 

ディーラーローンの金利が高いとは限らない

ディーラーローンは金利が高いと言われていますが、実際はそうとも限りません。キャンペーンなどを活用すれば低金利で借りられる可能性もあります。

 

そもそもディーラーローンの金利が高いと言われている根拠はディーラーへのキックバックです。ディーラーローンの貸付け元は主に信販会社が担っています。ディーラーは信販会社にローンを斡旋する代わりにキックバックをもらえます。キックバックはディーラーの貴重な収入源となりますが、その収入の元になるのはマイカーローンの金利手数料です。その為、ディーラーローンは金利が高めに設定されています。

 

しかし車の販売店の利益は、そもそも車が売れなければ得られません。ノルマや売りたい車の種類などによっては、金利を下げてでも販売したいという時もあります。そのような時には通常の金利より低い特別金利が適用される時があります。運が良ければ0金利でディーラーローンが組める時すらあります。

 

一般的な傾向としてディーラーローンの金利が高いケースが多いのは確かですが、実際には金利も見積もりをもらうのをお勧めします。

 

銀行のマイカーローンの金利はやはり低い

銀行のマイカーローンについては、ディーラーローンよりも金利が低いと言われています。特別金利などでなければ実際銀行のマイカーローンの金利は低い傾向にあります。また、ディーラーローンと違い、条件によって金利が大幅に変わるわけではありません。

 

ディーラーローンの場合、新車と比べて中古車の金利相場が高くなりますが、銀行なら同一金利が一般的です。そういった面では、銀行のマイカーローンを選んでおけば、より確実に低金利で借りられるといえます。

 

特別金利などを狙うのでなく、今欲しい車の金利を下げたいのであれば、銀行のマイカーローンはお勧めです。

 

シミュレーションをして計算をしてみると銀行のマイカーローンがどれだけ負担を減らせるかが分かるので、まずはマイカーローンの金利を比較して返済の計算をしてみると良いでしょう。マイカーローンのシミュレーションや計算についてはhttp://www.mycarloan-rate.jp/kihon/simulation.htmlで行えるので、利用検討前に見ておくようにしてください。

 

マイカーローンの審査について

銀行のマイカーローンは低金利ですが、審査が厳しいという評価をしている人が多いです。金利が低い分審査は厳しくなりますが、ディーラーローンと違って車が担保にならない無担保ローンであるという点も要因の1つです。

 

金利が高いのを好む人はいませんが、その分審査は通りやすいというメリットにもなります。しかし、審査の面を考えたら絶対にディーラーローンが有利かというと、そうとも限りません。

 

販売店で申込みをするディーラーローンでは、事前審査が受けられません。車の購入が決まってから初めて審査が行われます。欲しい車の金額を決めてから審査なので、実際購入できるかどうかが直前までわからないのです。

 

銀行のマイカーローンでは、仮申込み時点で審査結果も伝えられます。これなら自分がいくら借りられるのかを確認してから車種を決められます。審査の結果が厳しい傾向にあるとはいっても、事前に結果がわかるというのは大きなアドバンテージとなります。

 

また、銀行のマイカーローンの金利に魅力を感じているけれど審査が不安だという人は、まずは銀行のマイカーローンの審査を通してみればよいでしょう。通ればそれでいいですし、通らなければその時ディーラーローンを選択しても遅くはありません。

マイカーローンを組むと数年単位で支払いをしていくのが一般的です。しかし数年暮らしていれば生活も大幅に変わるケースがあります。

 

収入が上がったから一気に返済したい、車に載らなくなったから一括で繰上げ返済したい、という状況になった時、マイカーローンで繰上げ返済ができるかという点については、基本的には可能です。しかし、ノーリスクで繰り上げ返済ができるかというと、そうとも限りません。

 

ローンはお金を借りる行為です。借りたお金を返さないのは問題がありますが、早めに返済するのであればそれを禁止するのは不可能でしょう。しかし、繰上げ返済には手数料がかかる場合があります。

 

ローン貸付け側としては、早期に返済されてしまうと金利手数料が減ってしまいます。極端な話、組んだマイカーローンを翌日一括で繰上げ返済されてしまうと、金利手数料はほとんどかかりません。貸付け側としてはほとんど利益が入らず、手間を考えると損失になってしまいます。その為、繰上げ返済に手数料をかけるマイカーローンもあります。

続きを読む≫ 2017/10/15 13:29:15

マイカーローンの金利は、選ぶ所やタイミングなどによって変わります。また、単純な金利のパーセンテージとは別に、マイカーローンには固定金利と変動金利があります。固定金利の場合、ローン支払期間の金利は一定なので上がったり下がったりは基本的にしません。一方変動金利の場合には金利の見直しによって金利が下がったり上がったりする場合があります。

 

変動しない固定金利の方が、契約する側としては安心かもしれませんが、固定金利の方が金利は高めに設定されています。低金利で利用したいのであれば、低金利な変動金利がお勧めです。

 

一番理想的なのは低金利かつ固定金利という状況ですが、やはり金利が低いのは変動金利です。変動金利は金利変動のリスクがある分低金利に設定されているので、この点は仕方がありません。

 

もちろん変動金利にして損をしてしまうという可能性もあります。また、逆に金利が下がって、変動金利でさらに得をする可能性もあります。しかしそれらの変動リスクを考えた上でも、やはり変動金利がお勧めです。

続きを読む≫ 2017/10/15 13:29:15

毎月半額で新車に載れる、毎月1万円未満で新車が買える、最近はすごく安く見えるマイカーローンも増えてきています。しかし毎月の支払額だけでマイカーローンを決めるべきではありません。

 

今は残価設定型マイカーローンのように、数年後の下取り価格を差し引いたローンを支払う方法もあります。しかし残価設定型マイカーローンでは下取り価格を先に算出しているので、その後のローンの残債が減っているわけではありません。

 

マイカーローンを考える時には、毎月の支払額だけでなく、支払期間や支払総額にも注意が必要です。

 

例えば残価設定型マイカーローンの場合、残価を差し引いた分を返済した後に、再度ローンを組んで乗り続ける方法も選べます。一見選択肢の幅が広いというメリットに見えるかもしれませんが、その場合支払総額は上がってしまいます。ローンは早く返した方が、金利手数料を抑えられます。

続きを読む≫ 2017/10/15 13:29:15

銀行のマイカーローンは金利が低いというメリットを持ちます。しかし、申込みが面倒だという理由でディーラーローンを選ぶ人もいます。実際銀行のマイカーローンの申込みが面倒かというと、それ程でもありません。

 

そもそも申込みの段階はネットで済ませる人が多く、わざわざ来店しません。現在銀行のマイカーローンは、ネット申込みでも審査が行われます。審査の結果が出てから本申込みの為に来店すればいいので、何度も足を運ぶ必要はありません。ネットの申込みはほとんど手間がかからないので、ディーラーローンとの違いは1度銀行に本登録に行くだけの手間で済みます。

 

必要書類についても銀行は面倒だという人もいますが、実はそれ程変わりません。ディーラーローンとの違いとしては、車の購入を証明する類いの書類を持っていく必要があります。ディーラーローンの場合には販売店で手続きを行うので、車の購入の証明書類はその場に揃っています。銀行の場合には販売店でもらったものを持っていく必要があります。しかしこれも、役所で用意するようなものではないので、販売店で普通にもらえます。

 

また、実際の借入と支払についてですが、これも一般的には銀行から販売店へ振り込まれます。その為お金のやり取りの手間もほとんど変わりません。

続きを読む≫ 2017/10/15 13:29:15

銀行のマイカーローンとディーラーローンの違いとして金利はよく注目されていますが、他にも違いがあります。銀行のマイカーローンはディーラーと比べて、使用用途が豊富です。一方ディーラーローンの場合、車の購入費用のみの使用目的に限られます。

 

車の購入費用以外でマイカーローンを使う場面は想像しにくいかもしれません。例えば車の修理費用や車検費用にも、銀行のマイカーローンは利用が可能です。他にも免許取得費用など、車に関する様々なお金の悩みを解決できます。どの用途であっても金利は基本的に変わりません。

 

例えば免許取得費用をキャッシングで借りる人もいますが、金利が高いので損をしてしまいます。マイカーローンとして申込みをすれば金利は大幅に下がります。多少の手間を惜しまないのであれば、余計な金利手数料を抑えて解決できます。

 

また、銀行のマイカーローンは借り換えにも対応しています。すでに高金利なマイカーローンを組んでしまった人でも、借換えで支払額や支払総額を抑えられる可能性があります。自分の支払いしているマイカーローンの金利が高いと気づいた後でも、お得なマイカーローンに乗り換えられるかもしれません。

続きを読む≫ 2017/10/15 13:29:15