ディーラーローンとマイカーローン

車を購入する際の選択肢としてディーラーローンは不正解なのか

マイカーローンの返済期間について

毎月半額で新車に載れる、毎月1万円未満で新車が買える、最近はすごく安く見えるマイカーローンも増えてきています。しかし毎月の支払額だけでマイカーローンを決めるべきではありません。

 

今は残価設定型マイカーローンのように、数年後の下取り価格を差し引いたローンを支払う方法もあります。しかし残価設定型マイカーローンでは下取り価格を先に算出しているので、その後のローンの残債が減っているわけではありません。

 

マイカーローンを考える時には、毎月の支払額だけでなく、支払期間や支払総額にも注意が必要です。

 

例えば残価設定型マイカーローンの場合、残価を差し引いた分を返済した後に、再度ローンを組んで乗り続ける方法も選べます。一見選択肢の幅が広いというメリットに見えるかもしれませんが、その場合支払総額は上がってしまいます。ローンは早く返した方が、金利手数料を抑えられます。

毎月の支払額を抑えている残価設定型マイカーローンの場合、結局ローンを組んで乗り続けるのであれば、初めの支払額が少ない分かかる金利手数料は高くついてしまいます。

 

そこで試して欲しいのが、もしも支払期間を短くしたらどれだけ支払総額が減るかの試算です。毎月の負担が大きくても支払総額を抑えたいのであれば、短期返済がベターです。